自分で壁紙を交換してみよう

自分で出来る壁紙の交換方法

壁紙の貼り方の種類

壁紙の上に貼ろう

元の壁紙を剥がしてから新しい壁紙を張った方が綺麗な仕上がりになります。
ですが時間がかかりますし、マンションやアパートなどの賃貸はその方法が許されていない場合があります。
賃貸で暮らしている人は、ルールを守って壁紙を交換してください。
簡単に壁紙の交換を済ませたり、賃貸で暮らしている人は壁紙の上に壁紙を張る方法にしてください。

難易度が低いので、初心者でも簡単にできる方法だと言われています。
新しい壁紙の裏に、ノリを張ってそのまま貼ってください。
それか逆に、元の壁紙の上にノリを張って、新しい壁紙を張る方法もあります。
どちらでも、丁寧に作業すれば綺麗な仕上がりになるので安心してください。
簡単に剥がせる面も魅力です。

テープで貼ろう

ノリだと、手や周辺にくっついてベタベタになってしまう危険性があります。
それが嫌な人は、テープを使ってください。
マスキングテープと両面テープを使えば、ノリがなくても壁紙を貼ることができます。
まずは、マスキングテープを壁に貼ってください。
その上に両面テープを貼って、さらに新しい壁紙を貼ります。

それだけなので、非常に簡単な方法です。
テープを使う方法は、短時間で済むという部分もメリットです。
ですが、ノリに比べて粘着力が低い部分がデメリットに挙げられます。
少し時間が経てば剥がれてしまうかもしれないので、定期的にチェックしてください。
剥がれたら、すぐにまたテープで貼り直しましょう。
それなら綺麗な状態を維持できます。


この記事をシェアする